共生促進事業への取組みについてご案内します。近畿ろうきんでは、お引出し手数料全額還元サービスを実施中です。


共生促進事業の取組み

近畿ろうきん(近畿労働金庫)は、「人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与する」と定めた「ろうきんの理念」を具体的に進めるために、地域・社会との共生をめざした幅広い取り組みを進めています。

「はたらく人のお金は、はたらく人のくらしを支えあうために循環させる」という考えのもと、地域・社会とのさまざまな共生の活動に積極的に取り組んできました。そして、第5次中期経営計画の経営ビジョンの一つである『共に助け合い、共に生きる』共生社会の実現に向けて、福祉金融機関としてのろうきんらしい共生事業を実施しています。

当金庫では、以下の4つの柱で共生事業を進めています。

1. 良質な資金循環による地域・社会のサポート

当金庫では、設立から一貫して培ってきた「はたらく人のお金は、はたらく人のくらしを支え合うために循環させる」という理念に基づき、さまざまな施策を会員のみなさまのご理解・ご協力のもと実施してきました。

はたらく人が暮らす‘地域’では、そこに内在する社会的課題の解決に向けて、自分達で取り組む動きが盛り上がってきました。当金庫では、そのような事業に取り組むNPOやコミュニティ・ビジネスなどに、金融機関の機能を活かして資金を循環させることで、はたらく人が安心してくらせる社会づくりをめざしています。

NPO法人をはじめとした社会的事業融資

NPO事業サポートローンは、2000年4月に国内金融機関で初のNPO法人向け融資としてスタートし、社会的な資金循環を進めてきました。また、2005年10月からは、地域の福祉を支える社会福祉法人への融資「社会福祉法人事業資金融資」の取扱いをスタートしました。

融資という金融機関本来の業務を通じて、NPO法人や社会福祉法人の運転資金・設備資金など、社会的な事業融資を進めています。
2014年3月末までの融資合計は、388件、利用総額62億9,520万円になります。(内訳、NPO法人334件26億2,271万円・社会福祉法人、54件36億7,249万円)

これまでのNPO事業サポートローンでの取り組みに加えて、「きょうと市民活動応援提携融資制度」での連携が評価を受け、2007年2月に社団法人日本フィランソロピー協会の「第4回企業フィランソロピー大賞・特別賞」、同年10月には朝日新聞社の「第4回朝日企業市民賞」、そして同年11月にはNPOパートナーシップサポートセンターの「第5回パートナーシップ大賞・特別賞」を受賞しました。
また、障がい者団体との連携による「障害者市民活動支援融資制度(ゆめのたね)」については、2011年3月、経済産業省においてソーシャルビジネスの先駆事案として選定され、全国の選定事業をまとめた「ケースブック」に掲載されました。

NPO事業向け融資制度はこちら 融資制度

近畿ろうきんNPO寄付システム

預金口座からの「自動振替」機能を活用して、預金者の方からNPOを支援するしくみを提供しています。本制度では、口座振替に伴う手数料を免除させていただいています。近畿圏にある27団体を「紹介NPO」として会員組合員・市民のみなさんに紹介し、預金者からの寄付を口座振替で定期的に行うことのできるしくみになっています。2014年1月012月の寄付金は、150万円になりました。

「近畿ろうきんNPO寄付システム」の概要

名称 近畿ろうきんNPO寄付システム
基本的なしくみ

口座振替により、会員組合員・NPO支援者などの方の当金庫普通預金口座から、当金庫のNPO団体の普通預金口座へ定期的に寄付を行います。

対象となるNPO

「紹介NPO」は、当金庫による独自基準と各地のNPO支援センターなどの協力も得ながら選定。分野は高齢者の配食サービス、障がい者の自立支援、多文化共生、子育て支援、環境保護など多岐にわたっています。

振替額

100円以上100円単位。

振替方法

毎月1回。

振替手数料

寄付者・NPOともに不要です。

NPOから寄付者へのご案内
  • お礼状の交付 (加入時)
  • ニュースレターなどの交付 (年1回以上)

東日本大震災 復興支援定期「サポートV」の取り組み

東日本大震災で親を亡くした子どもたち、情報・支援の途絶えがちな障がい者の方々に明るい未来への希望を持っていただこうと、2011年度、被災された方々を支援する復興支援定期「サポートV」を発売しました。

多くのみなさまの共感とご協力をいただき、2014年3月末の残高は150億6千万円となり、3年目の寄付額は2,230万円となりました。10年間の寄付総額は1億6,180万円を見込んでいます。今後、近畿ろうきんは、みなさまと共に、中長期にわたってサポートしていきます。

「サポートV」の販売は、2012年3月30日をもって終了しました。

東日本大震災 復興支援定期「サポートV」

社会貢献預金・すまいるの取り組み

社会貢献預金・すまいる」は、ご希望の寄付コースを選択いただき、預金を通して、エコ推進・災害復興支援・子どもたちの未来応援・国際協力を行っている各分野の団体活動を応援するものとして、2012年10月1日よりスタートしました。
満期利息の一部を寄付する仕組みではなく、定期預金の店頭表示金利より一定の金利を引下げさせていただき、毎年3月末残高の0.1%相当額を当金庫から寄付を行う仕組みとしています。

発売から2014年3月31日までの期間、「社会貢献預金・すまいる」や「社会貢献プロジェクト・すまいる」の主旨・取り組みに対して共感が拡がり、ろうきんをご利用いただいている会員労組や組合員、市民のみなさまより、多くの預金結集をいただきました。

旧「社会貢献預金」はご預金者の定期預金の満期利息から10%を寄付金として拠出いただき、当金庫も同額程度を寄付する「マッチングギフト」のしくみで運用しました。環境保護、震災遺児支援、地域福祉に役立てる社会貢献預金として「まもるくん」「みずすまし」「笑顔スピリッツ」「きずな」を取扱い、2013年度の寄付金はご預金者からと、当金庫からと合わせて計134万円となりました。

※ 旧 「社会貢献預金」につきましては、「社会貢献預金・すまいる」のスタートに伴い、2012年9月30日をもって新規のお取扱いを中止させていただき、現在の残高は「きずな」(エース預金)のみお預かりしています。

「社会貢献預金・すまいる」の詳細はこちら 社会貢献預金・すまいる
「社会貢献預金・すまいる」の寄付額などの詳細はこちら 社会貢献プロジェクト・すまいる

2. NPOをはじめとする、非営利協同セクターとの幅広い社会貢献活動

地域福祉の充実や社会的な課題を主体的に解決する組織として、NPOへの期待がますます高くなっています。当金庫は、福祉金融に取り組む金融機関として、NPOをはじめ非営利団体との協働・パートナーシップを組みながら、幅広い社会貢献活動を進めていきます。

近畿ろうきんNPOアワード


2012年度「大賞」受賞団体の活動風景0社会全体で子育てを0 子どもの急な病気のときののりきり術を広めるプロジェクト

ろうきん事業と連携したNPOを応援するしくみとして2005年度から実施しています。2006年度からは当金庫の教育ローンの新規融資額の0.05%相当額(最大250万円)を当金庫から拠出し、子育て支援を進めるNPO団体などへ助成を行ってきました。

2013年度は、従来からと同じく新規プログラムの募集をする<はばたきコース>に加えて、新しい団体や活動規模は小さくても地域のために頑張っている団体を応援する<はぐくみコース>を新たに設け、より多くの団体にご応募していただけるようになりました。近畿全域から101件の応募があり、地域で多彩な角度から子育て支援活動を進める15団体(<はばたきコース>7団体、<はぐくみコース>8団体への助成を決定しました。


パネルディスカッションの様子

応募期間中の2013年12月、「近畿ろうきんNPOアワード・シンポジウム&説明会」を開催し、過去の受賞団体の事業がその後どのように発展したのかを共有するとともに、その成果を「子どもたちの未来」に向けてどう活かすのかを議論しました。約50名の参加があり、応募件数増加につながったものと思われます。

近畿ろうきんNPOアワードの詳細・受賞団の詳細はこちら 近畿ろうきんNPOアワード

障がい者アート展「エイブル・アート近畿2013 ひと・アート・まち」の開催


和順会館

「エイブル・アート近畿 ひと・アート・まち」は、障がいのある人の生命力ある芸術作品を中心にまちなかでアート展を開催し、まちを人間的で豊かな空間にしていくことを目標に2000年にスタートしたアートプロジェクトです。

2013年度は「京・まちの彩り」をテーマに京都/河原町・東山界隈を舞台に、「違って、独特な」アーティスト達を紹介しました。オープニングセレモニーでは、京都市役所前において、京都市長をはじめとする来賓の方々にお越しいただき約350人の参加となりました。今回の企画では、書家の川尾朋子さんと障がいのある人のワークショップによる作品の展示や地域を繋ぐアートプロジェクトを実施し、会期中は、約1万人の方にご鑑賞いただきました。

<この事業は、2006年12月に社団法人企業メセナ協議会が主催、文化庁が後援する「メセナアワード2006」において「文化庁長官賞」を受賞しました。>

2013年度までの展示作品の一部を、エイブル・アートWEBギャラリーに掲載しています。

近畿ろうきんNPOパートナーシップ制度の実施

近畿ろうきんNPOパートナーシップ制度は、2000年度から12年間、近畿圏内でのボランティア活動を促す企画として実績を積み重ねてきました。

2011年3月11日の東日本大震災による未曾有の被災状況を前に、従来のボランティア活動一般を応援する仕組みから、2府4県のNPO支援センターとの協働・連携によるさまざまな復興支援活動の促進を目的とした支援制度に切り替えて取り組んできました。

2014年度も、引き続きNPO支援センターが行うこれらの取り組み(支援プロジェクト)へ近畿ろうきんが助成する仕組みとして実施します。

ろうきんNPOパートナーシップ制度の詳細はこちら 近畿ろうきんNPOパートナーシップ制度

社会にアナウンスする活動


トークセッションの様子

国際協力すまいるセミナー(2014年2月1日・大阪)
毎年、多くの参加があり西日本最大級の国際協力・交流のお祭りとなっている「ワン・ワールド・フェスティバル」の会場にて「ろうきん・すまいるセミナー」を開催しました。今回は、国際労働機関(ILO)駐日事務所より上岡代表をお招きし「社会貢献預金・すまいる」の寄付先2団体(国際協力コース)とも連携して「国際協力で『はたらく』」をテーマに実施し、130名もの多くのご参加をいただきました。

上岡駐日代表からの世界の児童労働の実態報告を交えた基調講演を皮切りに、活動報告として、アジア協会アジア友の会の熱田副事務局長から、ネパールで取り組んでいる「はたらかされる子どもを増やさない農村づくりプロジェクト」、テラ・ルネッサンスの小川理事長から「ウガンダ・コンゴでの元子ども兵社会復帰プロジェクト」の説明をいただきました。

当金庫で「社会貢献預金・すまいる」を紹介し、お金の流れを通してできる国際貢献について提案し、パネルディスカッションでは、学生・社会人を問わず多くの人から質問が寄せられ、国際協力をより身近に感じる機会を提供することができました。

地域に広がる共生活動

地域のみなさまとの交流を大切なものとして、地区統括本部・営業店を通じた取り組みを進めており、共生活動は地域に大きな広がりをみせています。

詳細はこちら 地区統括本部・営業店での活動

役職員による震災遺児などへの支援

「スマイル500」の取り組み

阪神・淡路大震災での震災遺児のために、神戸に建設されたケアハウス「レインボーハウス(虹の家)」の支援として、「スマイル500」に取り組んでいます。
これは、毎月500円を希望者の給与より控除し、レインボーハウスに届ける活動で、9割近くの役職員が参加しており、2013年度は神戸レインボーハウスの運営資金と東北レインボーハウスの建設資金への寄付として6,878,500円の支援を行いました。

2014年度からは、東北レインボーハウスの建設資金の目処がたったとの報告を受けたことから、引き続き神戸レインボーハウスへの寄付と、東日本大震災遺児支援全般に活用いただける「あしなが東日本大震災遺児支援募金」への支援を行います。

3. 協同組合間協同・連携の取り組み

ICA(国際協同組合同盟)は臨時総会(2012年10月29日011月2日)において、「2020年への挑戦(2020 Challenge)」を承認し、2020年までに協同組合が達成すべき目標を定めました。
2012年は協同組合が世界で存在感を高め、期待される存在となった1年であったことを受け、IYCで達成したことをさらに発展させるため、以下の3つの目標を掲げています。

  1. 経済、社会、環境の持続的可能性において認知されたリーダーとなること
  2. 人々に最も好まれるモデルとなること
  3. もっとも急速に成長する事業形態となること

日本においても、「協同組合間の協同」に焦点が当てられ、他の協同組合について理解を深め、また世界の協同組合運動に関わることができた1年でした。

当金庫でも、さまざまなセミナー・シンポジウムや企画などを通して、まさにそのことを実感することができました。引き続き、世界の協同組合運動(2020年への挑戦)と歩調を合わせ、IYCの精神を引き継ぎながら、「協同組合間の協同」や非営利・協同セクターの連携強化をめざして取り組みを継続していきます。
また、2012国際協同組合年において実施してきた多彩なプログラムの報告とあわせて、協同組合論、協同セクター連携の可能性などについてまとめた報告・提言書を発刊しました。

詳細はこちら 2012国際協同組合年の取り組み

4. 生協との連携

生協との連携は、ろうきんにおいて協同組合間連携を進めるにあたっての大きなテーマです。私たちは第5次中期経営計画において共生戦略をその中心とし、具体的な「共生促進事業」の実践として生協のみなさまとの連携の取り組みをスタートさせました。今後の暮らしや地域づくりの担い手として協同組合間協同を進め、非営利・協同セクターの連携の裾野を社会的に広げていきます。

事業融資の提案と利用促進

生協事業への資金・金融サービスの活用をめざし、府県生協連の協力を得ながら、地域購買生協・福祉医療生協へ融資利用提案活動を行いました。また、市民生活協同組合ならコープとは大規模自然災害への備えとして「緊急災害対策等の相互支援に係る基本協定」を締結しました。そして、より各生協との接点も広げながら、2013年度は7件の事業融資のご利用に至りました。

生協組合員のろうきん利用

近畿圏の各地域購買生協と利用方法について確認を行い、17生協を通じて組合員向け情報誌「こもんず」の配布を進めました。紙面では、「教えて!暮らしのアドバイス」(NPO法人消費者支援機構関西:KC‘s企画・監修)のコーナーを設置し、消費者被害事例と解決方法を掲載し、注意を呼びかけました。当金庫のホームページでも「生協組合員コーナー」の開設や融資のWEB申し込み制度の拡充などを通して当金庫を知って利用いただく取り組みを進めています。生協組合員であることで住宅ローンをはじめとするライフプランづくりの選択肢が広がり、ご利用も増えています。

詳細はこちら 生協組合員の方

府県の生協連・大学生協連などとの連携促進

各府県の生協連との協働などを通して、一層の協同組合間協同の強化に向けた取り組みを進めました。第1回府県生協連・ろうきん合同会議の開催、大学生協連との寄付講座による連携、日本生協連関西地連が開催する公開学習会における報告参加など、各種の内容で連携を進めました。

地域貢献・協同連携などの取り組み

生協との協同連携の強化により相互の認知度を高めるとともに、「地域貢献での接点を活かして、本業での連携へ」進めることをめざしました。具体的には、下記の取り組みを進めました。

  • 2013年5月
    奈良県生協連と共催で「協同シンポジウム」を開催
  • 2013年7月08月
    復興支援の取り組みとして「福島の子ども保養プロジェクト」(大阪府生協連、ならコープ)、「リフレッシュツアー」(京都エル・コープ)に協力参加
  • 2013年8月
    大学生協連(京滋・奈良ブロック)の寄付講座「協同組合論」への企画協力と講師派遣
  • 2013年9月
    2012国際協同組合年の取り組みをまとめ、大学教授などにも寄稿をいただいた「2012国際協同組合年事業報告書」の発刊
  • 2013年10月
    生協組合員向け情報誌「こもんず」にKC‘s(消費者支援機構関西)の消費者啓発コーナーの連載開始
  • 2013年11月
    「緊急災害対策等の相互支援に係る基本協定」(ならコープ)の締結
  • 2013年11月
    日本生協連関西地連・男女共同参画委員会の公開学習会での活動報告
  • 2013年11月
    「なんゆう祭」へのブース出展協力(ならコープ、奈良県生協連)
  • 2013年12月
    「すまいるプロジェクト」(十津川で道普請)への協力参加(ならコープ)
  • 2013年12月
    エイブル・アート近畿への後援・協力(京都府生協連ほか)
  • 2013年12月
    第1回府県生協連・ろうきん合同会議を開催
  • 2014年1月
    生協が開催する組合員カルチャー講座へ講師派遣(コープこうべ)
  • 「すまいるプロジェクト」(十津川で道普請)報告シンポジウム(1月)への協力参加(ならコープ)
  • 2014年3月
    生協が買物困難者対策として実施する移動販売車への広告協力(ならコープ)
    • 福島の子ども保養プロジェクトin大阪
      (コヨットinおおさか)

      ならコープと「災害等相互支援の基本協定」
      締結

      第1回 府県生協連・ろうきん合同会議

      買物困難者に対応する
      生協移動販売車への広告協力