共生促進事業への取組みについてご案内します。近畿ろうきんでは、お引出し手数料全額還元サービスを実施中です。


共生促進事業の取組み

近畿ろうきん(近畿労働金庫)は、「人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与する」と定めた「ろうきんの理念」を具体的に進めるために、地域・社会との共生をめざした幅広い取り組みを進めています。

「はたらく人のお金は、はたらく人のくらしを支えあうために循環させる」という考えのもと、地域・社会とのさまざまな共生の活動に積極的に取り組んできました。そして、第6次中期経営計画の経営ビジョンの一つである『共に助け合い、共に生きる』共生社会の実現に向けて、福祉金融機関としてのろうきんらしい共生事業を実施しています。


当金庫では、以下の4つの柱で共生事業を進めています。


1. 良質な資金循環による地域・社会のサポート

当金庫では、設立から一貫して培ってきた「はたらく人のお金は、はたらく人のくらしを支え合うために循環させる」という理念に基づき、さまざまな施策を会員のみなさまのご理解・ご協力のもと実施してきました。

はたらく人が暮らす‘地域’では、そこに内在する社会的課題の解決に向けて、自分達で取り組む動きが盛り上がってきました。当金庫では、そのような事業に取り組むNPOやコミュニティ・ビジネスなどに、金融機関の機能を活かして資金を循環させることで、はたらく人が安心してくらせる社会づくりをめざしています。


NPO法人をはじめとした社会的事業融資

NPO事業サポートローンは、2000年4月に国内金融機関で初のNPO法人向け融資としてスタートし、社会的な資金循環を進めてきました。また、2005年10月からは、地域の福祉を支える社会福祉法人への融資「社会福祉法人事業資金融資」の取扱いをスタートしました。

融資という金融機関本来の業務を通じて、NPO法人や社会福祉法人の運転資金・設備資金など、社会的な事業融資を進めています。
2016年3月末までの融資合計は、439件、75億8,361万円になります。(内訳:NPO法人362件30億2,150万円・社会福祉法人、77件45億6,211万円)

これまでのNPO事業サポートローンでの取り組みに加えて、「きょうと市民活動応援提携融資制度」での連携が評価を受け、2007年2月に社団法人日本フィランソロピー協会の「第4回企業フィランソロピー大賞・特別賞」、同年10月には朝日新聞社の「第4回朝日企業市民賞」、そして同年11月にはNPOパートナーシップサポートセンターの「第5回パートナーシップ大賞・特別賞」を受賞しました。
また、障がい者団体との連携による「障害者市民活動支援融資制度(ゆめのたね)」については、2011年3月、経済産業省においてソーシャルビジネスの先駆事案として選定され、全国の選定事業をまとめた「ケースブック」に掲載されました。

NPO事業向け融資制度はこちら 融資制度


近畿ろうきんNPO寄付システム

預金口座からの「自動振替」機能を活用して、預金者の方からNPOを支援するしくみを提供しています。本制度では、口座振替に関わる手数料を免除させていただいています。近畿圏にある22団体を「紹介NPO」として会員組合員・市民のみなさんに紹介し、預金者からの寄付を口座振替で定期的に行うことのできるしくみになっています。2015年1月~12月の寄付金総額は、151万円になりました。

「近畿ろうきんNPO寄付システム」の概要

名称 近畿ろうきんNPO寄付システム
基本的なしくみ

口座振替により、会員組合員・NPO支援者などの方の当金庫普通預金口座から、当金庫のNPO団体の普通預金口座へ定期的に寄付を行います。

対象となるNPO

「紹介NPO」は、当金庫による独自基準と各地のNPO支援センターなどの協力も得ながら選定。分野は高齢者の配食サービス、障がい者の自立支援、多文化共生、子育て支援、環境保護など多岐にわたっています。

振替額

100円以上100円単位。

振替方法

毎月1回。

振替手数料

寄付者・NPOともに不要です。

NPOから寄付者へのご案内
  • お礼状の交付 (加入時)
  • ニュースレターなどの交付 (年1回以上)

東日本大震災 復興支援定期「サポートV」の取り組み

東日本大震災で親を亡くした子どもたち、情報・支援の途絶えがちな障がい者の方々に明るい未来への希望を持っていただこうと、2011年度、被災された方々を支援する復興支援定期「サポートV」を発売しました。

多くのみなさまの共感とご協力をいただき、2016年3月末の残高は142億72万円となり、5年目の寄付額は2,110万円となりました。10年間の寄付総額は1億5,760万円を見込んでいます。今後、近畿ろうきんは、みなさまと共に、中長期にわたってサポートしていきます。

「サポートV」の販売は、2012年3月30日をもって終了しました。

東日本大震災 復興支援定期「サポートV」


社会貢献預金・すまいるの取り組み

社会貢献預金・すまいる」は、ご希望の寄付コースを選択いただき、預金を通して、エコ推進・災害復興支援・子どもたちの未来応援・国際協力を行っている各分野の団体活動を応援するものとして、2012年10月1日よりスタートしました。

満期利息の一部を寄付する仕組みではなく、定期預金の店頭表示金利より一定の金利を引下げさせていただき、毎年3月末残高の0.1%相当額を当金庫から寄付を行う仕組みとしています。

発売から2016年3月31日までの期間、「社会貢献預金・すまいる」や「社会貢献プロジェクト・すまいる」の主旨・取組みに対して共感が拡がり、ろうきんをご利用いただいている会員労組や組合員、市民のみなさまより、多くの預金結集をいただきました。

旧「社会貢献預金」はご預金者の定期預金の満期利息から10%を寄付金として拠出いただき、当金庫も同額程度を寄付する「マッチングギフト」のしくみで運用しました。環境保護、震災遺児支援、地域福祉に役立てる社会貢献預金として「まもるくん」「みずすまし」「笑顔スピリッツ」「きずな」を取扱い、2015年度の寄付金はご預金者からと、当金庫からと合わせて計105万6千円となりました。


※ 旧 「社会貢献預金」につきましては、「社会貢献預金・すまいる」のスタートに伴い、2012年9月30日をもって新規のお取扱いを中止させていただき、現在の残高は「きずな」(エース預金)のみお預かりしています。

「社会貢献預金・すまいる」の詳細はこちら 社会貢献預金・すまいる
「社会貢献預金・すまいる」の寄付額などの詳細はこちら 社会貢献プロジェクト・すまいる


2. NPOをはじめとする、非営利協同セクターとの幅広い社会貢献活動

地域福祉の充実や社会的な課題を主体的に解決する組織として、NPOへの期待がますます高くなっています。当金庫は、福祉金融に取り組む金融機関として、NPOをはじめ非営利団体との協働・パートナーシップを組みながら、幅広い社会貢献活動を進めていきます。


近畿ろうきんNPOアワード


2015年度「大賞」受賞団体の子ども食堂の活動風景

ろうきん事業と連携したNPOを応援するしくみとして2005年度から実施しています。2006年度からは当金庫の教育ローンの新規融資額の0.05%相当額(最大250万円)を当金庫から拠出し、子育て支援を進めるNPO団体などへ助成を行ってきました。

応募する団体の事業規模が200万円超と200万円以下で、<はばたきコース>と<はぐくみコース>に分けて新規プログラムを募集し、新しい団体や活動規模は小さくても地域のために頑張っている団体を応援する工夫をしました。近畿全域から72件の応募があり、地域で多彩な角度から子育て支援活動を進める13団体(<はばたきコース>8団体、<はぐくみコース>5団体)への助成を決定しました。



「助成金セミナー」の様子

応募期間中の2015年11月、小規模なボランティア団体やNPO向けに活動の進め方、助成金の基礎知識と活用方法、申請のコツを学ぶ「助成金セミナー」(共催:コープともしびボランティア振興財団、後援:生活協同組合コープこうべ)を開催しました。このセミナーにおいて「NPOアワード」の説明もあわせて行い、全体で約100名の参加がありました。

近畿ろうきんNPOアワードの詳細・受賞団の詳細はこちら 近畿ろうきんNPOアワード


障がい者アート展「エイブル・アート近畿2013 ひと・アート・まち」の開催


栗東芸術文化会館さきら(展示風景)

「エイブル・アート近畿 ひと・アート・まち」は、障がいのある人の生命力ある芸術作品を中心にまちなかでアート展を開催し、まちを人間的で豊かな空間にしていくことを目標に2000年にスタートしたアートプロジェクトです。

2015年度は、「滋賀の山里から生まれた世界的アトリエYAMANAMI」をテーマとして、滋賀県甲賀市で活動している「やまなみ工房」の作品と人に焦点をあてた企画としました。「やまなみ工房」は30年来、障がいのある人たちとともに個性豊かな表現活動を続けており、全国的に大きく注目をされている団体です。 栗東芸術文化会館さきらにおいて、「やまなみ工房」の作品展示とともに活動の歴史をドキュメント映像等で紹介し、障がいのある作家とそれを支えるスタッフの成長や輝く姿を伝えました。
10月1日に開催したオープニングセレモニーは、滋賀県、栗東市、滋賀県労働者福祉協議会、滋賀県生活協同組合連合会等来賓の方々にお越しいただき開催しました。また、「パフォーマンスイベント&トーク」「アーティストinギャラリー」を開催し、「やまなみ工房」の作家の表現活動を直に伝えました。その他、滋賀地区内の当金庫営業店を中心に、“障がい者アート”を展示する「プライベート美術館」を開催しました。期間中全体で延べ771人の参加をいただきました。


パフォーマンス&トーク


<この事業は、2006年12月に社団法人企業メセナ協議会が主催、文化庁が後援する「メセナアワード2006」において「文化庁長官賞」を受賞しました。>

2015年度までの展示作品の一部を、エイブル・アートWEBギャラリーに掲載しています。


近畿ろうきんNPOパートナーシップ制度の実施

近畿ろうきんNPOパートナーシップ制度は、2000年度から11年間、近畿圏内でのボランティア活動を促す企画として実績を積み重ねてきました。

2011年度から2015年度は、東日本大震災の未曾有の被災に対して、東北地方を中心とする被災地の復興支援活動のスキームとして被災地支援・避難先支援の促進、および“次の災害”の備えとして「防災・減災」の取り組みに大きな役割を果たしてきました。

2016年度も、引き続きNPO支援センターが行うこれらの取組み(支援プロジェクト)へ近畿ろうきんが助成する仕組みとして実施します。


ろうきんNPOパートナーシップ制度の詳細はこちら 近畿ろうきんNPOパートナーシップ制度


社会にアナウンスする活動

フォーラム「フェアなお金の流れを作りましょう」(2016年2月6日)


パネルディスカッションの様子

毎年、多くの参加があり、西日本最大の国際協力・交流のお祭りとなっている「ワン・ワールド・フェスティバル」で、フォーラムを開催しました。

フォーラムでは、「フェアなお金の流れを作りましょう」をテーマに、「気候変動、人権、労働、兵器産業など」の基準で銀行格付けを取り組んでいるNPOとの連携で、「自分達の預金がその預け先銀行の融資・投資によって、どのような社会づくりに繋がっているか」を考える内容の事例報告、パネルディスカッションを行いました。


地域に広がる共生活動

地域のみなさまとの交流を大切なものとして、地区統括本部・営業店を通じた取り組みを進めており、共生活動は地域に大きな広がりをみせています。

詳細はこちら 地区統括本部・営業店での活動


役職員による震災遺児などへの支援

「スマイル500」の取り組み

阪神・淡路大震災での震災遺児のために、神戸に建設されたケアハウス「レインボーハウス(虹の家)」の支援として、「スマイル500」に取り組んでいます。
これは、毎月500円を希望者の給与より控除し、レインボーハウスに届ける活動で、9割近くの役職員が参加しており、2015年度は神戸レインボーハウスの運営資金と「あしなが東日本大震災遺児支援募金」として6,785,000円の支援を行いました。


3. 協同組合間協同・連携の取り組み

ICA(国際協同組合同盟)は臨時総会(2012年10月29日~11月2日)において、「2020年への挑戦(2020 Challenge)」を承認し、 2020年までに協同組合が達成すべき目標を定めました。
2012年の「国際協同組合年」は、協同組合が世界で存在感を高め、期待される存在となった1年であったことを受け、 ICAは「国際協同組合年」で達成したことをさらに発展させるため、以下の3つの目標を掲げています。

  1. 経済、社会、環境の持続的可能性において認知されたリーダーとなること
  2. 人々に最も好まれるモデルとなること
  3. もっとも急速に成長する事業形態となること

当金庫でも、世界の協同組合運動(2020年への挑戦)と歩調を合わせ、「協同組合間の協同」や非営利・協同セクターの連携強化をめざして取組みを継続していきます。


関西大学商学部 寄附講座の取り組み


関西大学寄付講座の授業

2015年9月より、関西大学商学部にて当金庫が提供する『協同組合』についての寄附講座を実施しました。

この講座は、協同組合研究の第一人者である関西大学商学部の杉本貴志教授のご尽力を得て、大阪の大学生が協同組合を学ぶ機会を作り、協同組合への共感を広げるため、 2014年度から実施しているものです。

購買生協や医療生協、全労済など、非営利・協同セクターの実践者の方々を講師としてお招きし、現場での経験をもとにした講義が計15回リレー方式で行われました。 この寄附講座により、学生はこれまで知ることがほとんどなかった非営利ビジネスの世界に触れ、営利とは異なった事業内容と理念を知るきっかけとなりました。 2016年度も引き続き実施する予定です。


4. 生協との連携

生協との連携強化は、当金庫・生協事業相互の事業基盤拡充に向けた重要な課題です。 第6次中期経営計画においても「共助と共生」を経営ビジョンとするなか、協同組合運動を進める生協の皆さまと協同組織間連携の取り組みを進めています。


事業融資の提案と利用促進

当金庫の資金・金融サービスの生協事業への活用をめざし、各府県の生協連合会の協力を得ながら、地域購買生協・福祉医療生協への利用提案を進めています。 各生協との接点を広げることにより、12件の事業融資(2016年3月末現在)のご利用をいただいています。


生協組合員のろうきん利用


ディスクロージャー2016
こもんずのチラシ

当金庫の営業エリア内の地域購買生協、学校生協と生協組合員のろうきん利用について23生協と確認を行い、生協を通じて生協組合員向け情報紙<ろうきん知っ得情報「こもんず」>の配布を進めています。 紙面では当金庫の各種ご案内を行うとともに、「教えて!暮らしのアドバイス」(NPO法人消費者支援機構関西:KC’s企画・監修)」のコーナーを設置し、消費者被害事例や解決方法を掲載し注意喚起に取組んでいます。

当金庫ホームページへの「生協組合員コーナー」の開設や、融資のWeb申し込み制度の充実等により、より多くの生協組合員の皆さまにご利用いただけるよう取組んでいます。 これらの取り組みにより、生協組合員の皆さまのご利用も増加しています。


詳細はこちら 生協組合員の方


府県の生協連などとの連携促進

各府県の生協連との協働等を通して一層の協同組合間連携の強化に向けた取り組みを進めました。 第3回近畿圏府県生協連・ろうきん合同会議の開催、近畿地区生協府県連協議会への参加、また、消費者庁の地方消費者グループフォーラムへ参加するなど各種の連携を進めました。


地域貢献・協同連携などの取組み

生協との協同組合間連携の強化により相互の認知度を高めるとともに、「地域貢献での接点を活かして、本業での連携」へ進めることをめざしています。
2015年度は下記の取り組みを進めました。

  1. ①2015年4月、関大寄附講座講師の意見交換交流会を開催。
  2. ②2015年6月、10月、「すまいるプロジェクト」(野迫川村で道普請)、報告シンポジウム(1月)への協力参加(ならコープ)。
  3. ③2015年7月、復興支援の取り組みとして「福島の子ども保養プロジェクト」(ならコープ)に協力参加。
  4. ④2015年9月~2016年1月、関西大学寄附講座「非営利・協同セクターが担う支え合いの経済」の提供。生協をはじめとする協同組合の経営者より講師派遣を受け、15回開催。
  5. ⑤2015年9月~10月、「エイブル・アート近畿2015 ひと・アート・まち滋賀」への滋賀県生活協同組合連合会、コープしが、生活クラブ生協(滋賀)が後援・協力。
  6. ⑥2015年10月、当金庫滋賀統括本部と滋賀県生活協同組合連合会との共催で「協同シンポジウム」を開催(本田 由紀氏基調講演)。
  7. ⑦2015年10月、「奥大和ゆうゆう祭」へのブース出展協力(ならコープ、奈良県生協連)。
  8. ⑧2015年11月、「助成金活用のコツ」セミナーを公益財団法人コープともしびボランティア振興財団と共催、コープこうべ後援でNPO・ボランティア団体を対象に開催。
  9. ⑨2015年12月、第3回近畿圏府県生協連・ろうきん合同会議を開催。
  10. ⑩2016年1月、関西大学杉本ゼミ公開企画「非営利組織で働くこと」開催協力(全労済、京都生協)。
  11. ⑪2016年3月、生協が買物困難者対策として実施する移動販売車への広告協力(ならコープ)。



福島の子ども保養プロジェクinなら


「協同シンポジウムin滋賀」



第3回府県生協連・ろうきん合同会議


関西大学杉本ゼミ企画「非営利組織で働くこと」

地区統括本部・営業店での活動

地域の皆さまとの交流を大切に、府県の地区統括本部・営業店を通じた取り組みを行っており、共生活動は地域に大きな広がりを見せています。


    ◆御池支店

    祗園祭での「ごみゼロ作戦」

    2015年の祗園祭の宵山(7月15日・16日)では、3年目となる「祗園祭ごみゼロ大作戦」が展開されました。 宵山の屋台から出されるごみは57トンとも言われ社会問題となっていました。 そのような状況に対して、ごみとして捨てられる皿とカップをリユース食器に切り替え、出されるその他のごみも分別回収を行うことで、 お祭りの後に散乱するごみをゼロにしようというプロジェクト(大作戦)が進められています。 祗園祭の地元店舗でもある御池支店では、その趣旨を積極的に受けとめ、広報パンフの店頭備置きや会員組合への企画紹介を行うとともに、 当日のボランティア参加など、「ごみゼロ作戦」に積極的に参加しました。


    ◆新宮支店

    「浮島の森」“ボランティアワーク”の様子

    新宮支店では、9月12日、“わかやま・すまいるプロジェクト”として、NPO法人わかやまNPOセンターと協働して、「浮島の森」清掃活動を60名の参加で行いました。 これは、2011年の台風12号の影響で、天然記念物の浮島に外来種植物が入り込み、生態系が破壊されるのを防ぐ目的で行われたものです。 この取り組みは、NHKラジオ「ラジオ深夜便」で紹介されました。


    ◆八日市支店

    八日市支店・近江ブロック推進委員長より
    寄付金の目録の贈呈

    八日市支店では、一時金キャンペーンの目標達成に応じて、営業エリアの自治体へ児童の図書費として寄付をする取り組みを3年間実施してきました。 推進機構が呼びかける一時金運動の取り組みが、単に預金結集のみならず子ども達の未来を応援するという「意思あるお金の流れ」となり、5期連続して一時金結集目標の達成につながりました。 また、この寄付が自治体の広報で紹介されました。