ろうきんの理念についてご案内します。近畿ろうきんでは、お引出し手数料全額還元サービスを実施中です。


ろうきんの理念

ろうきんは、一人ひとりの夢や期待を受けとめ、協同の力で豊かな社会の実現をめざします。

1997年5月16日、全国労働金庫協会 第12回理事会において、新しい「ろうきんの理念」を決定しました。

新しい理念は、時代の要請に応え、多くの人に受け入れていただけるように、これまでの歴史ある理念を継承し、わかりやすく再構築したものです。

ろうきんの理念

  • ろうきんは、働く人の夢と共感を創造する協同組織の福祉金融機関です。
  • ろうきんは、会員が行う経済・福祉・環境および文化にかかわる活動を促進し、人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与することを目的とします。
  • ろうきんは、働く人の団体、広く市民の参加による団体を会員とし、そのネットワークによって成り立っています。
  • 会員は、平等の立場でろうきんの運営に参画し、運動と事業の発展に努めます。
  • ろうきんは、誠実・公正および公開を旨とし、健全経営に徹して会員の信頼に応えます。

シンボルマーク

ろうきんのシンボルマークは、欧文のROKINの頭文字のRをデザインしたもので、同時に鳥の親子を表しています。鳥の親子は、親しみやすさを表すとともに、愛とやさしさ、親から子へと引き継がれる労金運動を意味し、はばたく鳥は、より発展するろうきんの飛翔を表現しています。

シンボルマーク・カラーはブルーです。ろうきんブルーは「知性」「未来」「希望」を表現しています。シンボルマークには、ろうきんの基本理念が表現されています。