エイブル・アートWebギャラリー

エイブル・アートとは、障がいのある人たちが「生」への証として生み出した作品を「可能性の芸術」としてとらえ、芸術と社会との関わりを「自己表現・協働・癒し」を柱に考えていく市民活動です。

2000年から、近畿2府4県を舞台に、障がいのある人・地域をアートでつなぐプロジェクト「ひと・アート・まち」を展開してきました。

2019年度は、近畿ろうきん肥後橋ビルを会場に、これまでの「ひと・アート・まち」の振り返り、アートによる交流、フォーラムを開催しました。

エイブル・アート近畿2019 ひと・アート・まち
プロジェクト1 「社会連帯とアート」フォーラム(577 KB)
プロジェクト2 展示「BRIDGING ひと・アート・まち2000‒2018」(475 KB)
プロジェクト3 アート&クラフトマーケットin近畿ろうきん(519 KB)
プロジェクト4 プライベート美術館in近畿ろうきん肥後橋ビル(587 KB)
エイブル・アート近畿2018 ひと・アート・まち大阪 「祝祭のアート」
エイブル・アート展
やおよろずマルシェ
パフォーマンス・ワークショップ

お問合せ

エイブル・アートWebギャラリーは、近畿労働金庫による運営です。

エイブル・アート近畿事務局(一般財団法人 たんぽぽの家内)

電話番号 0742-43-70550742-43-7055
メールアドレス ableart@popo.or.jp
たんぽぽの家WEBサイト http://tanpoponoye.org/