近畿ろうきんは近畿2府4県で働く・住む人の金融機関です。


新着情報

2016年度近畿ろうきんNPOアワードの受賞団体が決まりました!

近畿ろうきんは、事業と連携したNPOを応援するしくみとして、「子育て支援」の活動を進めるNPO団体やボランティア団体に助成する《近畿ろうきんNPOアワード》を実施しております。 本アワードは、ろうきんの融資事業(教育ローン)に合わせたものとして、期間中の新規ご融資額の0.05%(最大250万円) を当金庫が拠出して、「子育て支援」の事業を助成しています。


審査委員会の風景

2016年度のNPOアワードでは、近畿一円のNPOなどの市民団体から50件の応募をいただき、2017年3月31日に、近畿推進会議の菊地議長を審査委員長とする審査委員会が開催され、 学識経験者や協同組合運動の実践者などの審査委員で白熱した審議が行われました。

その結果、「はばたきコース」では、大賞1団体、優秀賞2団体、奨励賞5団体を、そして活動歴が浅い団体や活動規模は小さくても地域のために頑張っている団体を応援するための「はぐくみコース」からは、はぐくみ賞5団体を、計13団体を決定いたしました。

【はばたきコース】

団体名 受賞となった事業プランの内容
は ば た き コ ー ス 大賞
(助成金50万円)
特定非営利活動法人
子ども自立支援スマイル
(大 阪)
里親を増やすため、里親月間である10月に、里親や施設職員など児童福祉関者が協力し、里親制度の大規模な啓発事業として、「はぐくみマラソン」を実施する。
優秀賞
(助成金30万円)

認定特定非営利活動法人
アゴラ音楽クラブ
(奈 良)
「世界音楽療法学会」(つくば市)において、知的障がいを持つメンバーによる「アゴラ太鼓」を演奏する。
優秀賞
(助成金20万円)※申請額20万円

特定非営利活動法人
チャーム(CHARM)
(大 阪)
医療通訳研究会と協同して、外国語を母国語とする親が安心して出産・子育てができる環境を整える。
奨励賞
5団体
(助成金20万円)

特定非営利活動法人
あめんど
(滋 賀)
困難を抱える保護者たちが悩みを語れる大人の居場所として交流・相談の場を提供する。
こうべ子どもにこにこ会
(兵 庫)
外国につながる子どもたちの課題解決のため、日本語教室や生活サポートなどを行う。
神戸・灘おもちゃの病院
(兵 庫)
子どもたちに「物の大切さ」や「科学の心」を育むため、おもちゃ修理の養成講座等を行う。
チェンジングライフ
(大 阪)
生活拠点を失った非行少年に、居場所提供や就労・社会進出の意欲を高める支援を行う。

認定特定非営利活動法人
箕面こどもの森学園
(大 阪)
創造的で共生的な生き方をめざし、子どもは自然と触れ合い、親にはピアサポートを行う。
は ぐ く み コ ー ス はぐくみ賞
5団体
(助成金10万円)
特定非営利活動法人
ここ
(大 阪)
子どもの自殺を防ぐため、新学期開始前後に子どもの居場所として料理教室を開催する。
超新星スバルファイブ
(大 阪)
病気や障がい等により外出を制限されている児童を対象に、着ぐるみショー等を実施する。
なんちゅう騒乱隊
(兵 庫)
知的障がい児の自己肯定感を育むため、プロ指導によるエイサーの舞台披露を支援する。
福島の子どもたちを放射能から守ろう・関西
(大 阪)
原発事故による放射能の影響から守るため、心のケアを兼ねた保養キャンプを実施する。
わかやま足育推進プロジェクト
(和歌山)
健やかな足の子どもに育てるため、親子を対象とした足育のセミナー・体験会を実施する。

(50音順)

受賞団体について、詳しくはこちらをご覧ください 2016年度受賞団体