近畿ろうきんは近畿2府4県で働く・住む人の金融機関です。


「8月はRED NOSE月間」~入院中の子どもたちに笑顔を届けよう!~

2017年8月1日

クリックするとPDFが表示されます

 近畿ろうきんは、「社会貢献預金・すまいる」の寄付先団体の 認定NPO法人日本クリニクラウン協会が取組む「RED NOSE DAY」の主旨に賛同し、8月を「RED NOSE月間」と位置付け、以下の取組みを呼びかけています。
 会員のみなさま、ろうきんをご利用のみなさま、「社会貢献預金・すまいる」へのご入金とあわせて、是非、この取組みにご参加ください。
 近畿ろうきんでは、RED NOSE DAY は8月7日の1日の取組みですが、多くの方々に参加いただくため、8月の月間の取組みとしました。

取組み①:「RED NOSE DAY with CliniClowns」に参加しよう!

RED NOSE DAY」とは、入院中の子どもたちに笑顔を届けるチャリティイベントです。
8月7日、正午12時から1分間、RED NOSE(あかいはな)をつけることをシンボルとして、身近な人と笑顔を贈りあいます。


取組み②:赤い鼻をつけて「AKAIHANAアルバム」へ写真投稿しよう!

日本クリニクラウンでは、この取組みを応援してくださる方々の赤い鼻をつけた写真「AKAIHA
NA
アルバム」を募集しています。
詳しい参加方法はこちら。E-mail先:info@akaihana.jp


RED NOSEは、何か赤いもの(シールやキャップなど)で代用していただくことも可能です。

認定NPO日本クリニクラウン協会とは》

 入院中の子どもたちの病室にクリニクラウン(臨床道化師)を派遣し、入院中の子どもたちが子どもらしく過ごせる「こども時間」を届けている2005年に設立された法人。
 2016年度は、全国で44の病院を年間263回訪問し、およそ8,447人の入院中の子どもたちに笑顔と元気を届けるとともに、家族や病棟スタッフを支えています。


近畿労働金庫 役員一同