NPOの方へのサービスをご案内します。近畿ろうきんでは、お引出し手数料全額還元サービスを実施中です。


近畿ろうきんNPOアワード

2007年度の受賞団体をご紹介

大賞

特定非営利活動法人
日本クリニクラウン協会
 大阪府

クリニクラウン(臨床道化師)が入院中の子どもたちの笑顔をつくる

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 日本クリニクラウン協会 病院に入院し行動が制限されている子どもたちに、遊びやユーモアを届けるクリニクラウンを派遣しており、受賞事業では近畿圏で新たな病院を開拓し活動しています。クリニクラウンは二人一組で、トレードマークの赤い鼻をつけて病室を定期的に個別訪問し、年齢にあった遊びを行います。子どもたちは目を輝かせ、親も一緒になって病室は一気に明るくなります。
日本では馴染みの少ない道化師文化ですが、遊びを通じて子どもの想像力を培い、人間に対する興味を引き出す効果があります。クリニクラウンは子どもたちにとっては「~してあげたい」と思う優しさを返せる相手です。その存在が病気に対する前向きな気持ちやモチベーションアップにつながり、親や医療スタッフの普段と違う一面を見ることで、新たな関係性も築きます。
親からは「ベッドから動けない子ですが、クリニクラウンが来ると嬉しそうな顔をして、身体も反応しているのがわかりとても嬉しいです」との言葉もあり、受賞によって確かな一歩を踏み出しています。

公式ホームページはこちらから 日本クリニクラウン協会

優秀賞

NPO法人
にしよど にこネット
(2008年6月に「心の子育てネットにしよどがわ」より名称変更)  大阪府

地域の子育てネットワークで母親を応援

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 にしよど にこネット 現代の子育ての問題といわれる「孤立・不安・競争」から「共同・安心・信頼」の子育てに向け、現在10サークル、10プロジェクト、300組、3協力団体と幅広いネットワークを結び活動しています。
受賞事業では、乳幼児期からの地域交流の重要性から、子育てサークルに初めて関心を持った人やサークルに入る前の人に、仲間づくりのきっかけとなる交流の場を提供しています。サークルから寄せられた情報を基に作成した子育て支援マップ(公園や子連れで行けるお店情報などを掲載)や、学習交流会での地元開業医による緊急時の対応アドバイスなど、地域のネットワークを生かした多種多様な活動で子育てを支援しています。

公式ホームページはこちらから にしよど にこネット

特定非営利活動法人
たかとりコミュニティセンター
 兵庫県

多文化な背景をもつ子どもたちによるメディアアートセンターづくり

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 たかとりコミュニティセンター 外国籍の住民が10%を占める神戸市長田区で、多文化かつ多言語によるコミュニティFM放送や相談・情報提供活動などを行っています。
受賞事業では、在住外国人の児童・青少年を中心に、コミュニティに根ざした映像・ラジオ・音楽などの制作・発信拠点として、パソコンや機材などインフラ環境が整ったメディアアートセンターづくりに取り組んでいます。参加者たちは、創作を通して豊かな想像力と感性を育み、自然とメディアリテラシー(情報を正しく理解して活用・発信する能力)を養います。地域情報番組や多文化の存在を伝える映像作品を制作する中で、子どものアイデンティティへの自信を養い、積極的な学習意欲につなげていくことも目指しています。

公式ホームページはこちらから たかとりコミュニティセンター

奨励賞

特定非営利活動法人
きのくに子どもNPO
 和歌山県

お互いに「助け合う」子育て仲間をつくるワークショップ

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 きのくに子どもNPO 子どもは遊ぶことで「生きる力」を身につけるという考えをもとに保育などの子育て支援を行う団体です。
受賞事業では、「お互いに助け合う」子育ての仲間づくりをサポートするため、参加する母親が互いに支援しあうノーバディーズ・パーフェクトプログラムのワークショップを開催しています。これは一人で完璧な子育てができる親などいないというカナダの子育て支援プログラムです。ワークショップの参加者はその後、地域や団体の活動先である「子育てひろば」の中で支援者に回る流れをつくり、子育てしやすい地域づくりに貢献しています。

公式ホームページはこちらから きのくに子どもNPO


特定非営利活動法人
キンダーフィルムフェスト・きょうと
 京都府

子ども映画祭を通じた国際交流

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 キンダーフィルムフェスト・きょうと 子どもが映像メディアを読み解き、情報を発信する能力や異文化を理解する能力を身につける機会として、世界の子どもがテーマの「京都国際子ども映画祭」を開催しています。
受賞事業である2008年度が14回目となり、3日間で延べ1,196名が参加。この映画祭の特徴は、子どもたちが自ら映画祭の企画・運営を行うことです。オープニングでは子どもたちが脚本・演出・出演した劇を披露し、観客からは盛大な拍手が起こりました。また、海外作品を上映することで、世界の文化を知り、感性豊かな年頃に国際的な視野を身につける場を提供しています。

公式ホームページはこちらから キンダーフィルムフェスト・きょうと


特定非営利活動法人
NPO子どもネットワークセンター 天気村
 滋賀県

古民家での昔暮らし体験

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 NPO子どもネットワークセンター 天気村 「地球が遊び場だ!」をテーマに、身近な自然や人々とのふれあいを通し「子育ち」をサポートする団体です。
受賞事業では、自然の中で培われた先人の生きる知恵を再認識してもらうために、“古民家再生プロジェクト”と題して古民家の修繕を行い、かまどによる米炊きなど昔暮らしを体験します。小学生を中心におよそ20組の親子が参加し、地元の食材を使った食育、近くの畑での農業体験などを年間通じて行います。自然の中での活動を通して親子のきずなを深める日常では得られない経験の場となっています。

公式ホームページはこちらから NPO子どもネットワークセンター 天気村


大地の会(大阪市在住地域活動栄養士の会)  大阪府

食育を通して親子と地域が出会いつながる

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 大地の会 地域の栄養士が設立し、健康づくりを「食」からサポートする団体です。
受賞事業では、大阪市阿倍野区において、乳幼児と保護者向けに地域交流スペース・みなくるハウスで「みなくる食育講座」を行い、地域住民同士のコミュニケーションを広げています。また、阿倍野区民センターでも学童期の子ども自身が体験することで料理の楽しさや調理する力を身につける「からだにやさしいクッキング講座」を実施しています。栄養士の専門性を生かしたメニューが特徴で、他区からも参加するなど反響を呼んでいます。区内の「子育て支援ネットワーク」との連携が活動のキーワードになっています。

公式ホームページはこちらから 大地の会


特定非営利活動法人
NPOぱれっと
 大阪府

障がいのある子どもを含む多様な人たちをアートで結ぶ

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 NPOぱれっと 子どもや障がい者など、誰もが安心できる地域での居場所をつくり、一時保育などの子育て支援を行っている団体です。
障がいの有無にかかわらず、一人ひとりの個性を大切に自由に表現できる場所を作りたいとの思いから、絵画、織物、音楽療法を取り入れた音遊びの3コースからなる「ボーダレス・アートくらぶ」を実施。制作した絵画などは地域の人々が集うカフェスペースに展示されています。普段、遊びを制限されていることに心を痛めている保護者の方からは「子どもに経験を与えられる貴重な場」として口コミで参加者が増えています。

公式ホームページはこちらから NPOぱれっと


特定非営利活動法人
東灘地域助け合いネットワーク
 兵庫県

お母さんの活動をサポートし、0歳から100歳までの共生を目指す

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 東灘地域助け合いネットワーク 神戸市東灘区で高齢者の自立支援・地域の子育て支援を行う団体です。
受賞事業では、御影駅商店街の空き店舗を活用した母親の自主活動「まちの子育て広場・カウマム」を支援しています。子育て中の親子も参加する敬老会など、団体の高齢者事業とカウマムを結び付けた企画や運営など、様々な面から支援し、地域に根ざした子育てネットワークの構築を実践しています。活動に参加するお母さんからも「もう一人子どもを生み、この地域で育てたい」との声も。地域ぐるみの子育て支援は着実に効果を上げています。

公式ホームページはこちらから 東灘地域助け合いネットワーク


特定非営利活動法人
ポニーの里をつくろう会
 奈良県

障がい児に自然や動物とのふれあいを

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 ポニーの里をつくろう会 これまでの11年間の乗馬センターの経験を生かした受賞事業「障がい児のための自然体験スクール」で、乗馬やバーベキューなどの様々なプログラムを実施し、参加者やサポーターの地域の高校生・大学生から好評を得ています。
障がいを持つ子供は、地域で同世代の人と交流する機会は少なく、保護者からは「同世代の方と交流する機会は貴重」との声が寄せられています。また、福祉を学ぶ学生がサポーターとして多数参加しており、指導者養成につながる地域福祉の向上にも貢献しています。

公式ホームページはこちらから ポニーの里をつくろう会

審査委員会特別賞

特定非営利活動法人
はらっぱ
 兵庫県

農業を通じた食育で子どもを育てあう地域づくり

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 はらっぱ 1979年に保育所を開設し、現在は親子が健やかに育つための活動も行っています。
受賞事業では、以前から力を入れていた食育に関連して、地域の親子を対象に一年を通した田植えから収穫までの農業体験ツアーを兵庫県丹波市で実施しています。子どもたちにとって食べ物の大切さや食べることの意味を考えるきっかけとなっています。さらに地元農家のみなさんと一緒に、大人と子どもが作業に取り組む中で世代を超えた交流が生まれ、自然と子どもに大人を尊敬する心が芽生えるなど、親子の成長の場にもなっています。

公式ホームページはこちらから はらっぱ


ひょうご多胎ネット  兵庫県

多胎の出産・育児支援を目指す

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 ひょうご多胎ネット 多胎児を持つ親は、二人以上の子どもを同時に育てることから外出する時間も取りづらく、社会から孤立するなど特有の悩みを一人で抱えがちです。
兵庫県を中心に18団体と専門職や子育て関連に従事する個人の登録会員で構成するネットワークを生かして、各地で活動するサークル同士、また、サークルと行政・専門職の橋渡しをする事によって、孤立しがちな育児支援をサポートしています。
各地で生まれつつある多胎への支援をつなぐことで、これまで見落とされていた分野の子育て支援を実践しています。


特定非営利活動法人
フェリスモンテ
 大阪府

住み慣れた地域で暮らし続けるための地域拠点

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 フェリスモンテ 受賞事業では、働く親が安心して子どもを預けられる場所をつくり、親同士の交流を育み、高齢者事業との連携で世代間も含めた地域交流拠点づくり「おたっしゃあいさんプロジェクト」を実施しています。
団体が主として行っている配食サービスの調理場の隣室で子どもを預かるので、いろんな世代の人と自然に出会い人見知りが減ったという子もいます。高齢者支援からスタートし子育て支援事業にも参画することで、これからの地域に必要な多世代によるタテのつながりを生むことを展望しています。

公式ホームページはこちらから フェリスモンテ


特定非営利活動法人
北摂こども文化協会
 大阪府

山の中でおもいっきりみんなと遊ぶ

2007年度近畿ろうきんNPOアワード受賞団体 北摂こども文化協会 子どもが豊かに育つ地域文化・環境に向け、文化・芸術教室や児童館の管理などの活動をしています。
受賞事業では、群れて遊ぶことがなくなった子どもたちに、他人との違いを知り、みんなと遊ぶ楽しさや共同生活のプロセスを学ぶ「にこにこや土曜塾」を実施しています。子どもたちが毎週土曜日に自分たちのしたいことを会議してから、自然豊かな大阪市北部の山で月に一度自由に集団で遊びます。参加者は川あり洞窟ありの山で、自然を全身で感じることで心を開放します。共同の経験は学校生活にも生かされるなどの波及効果を生んでいます。

公式ホームページはこちらから 北摂こども文化協会