金融機関コード:2978
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • サービス
  • 近畿ろうきんとは
  • 文字サイズ
新着・イベント情報

2014年度「奈良すまいるプロジェクト」(2) 『野迫川村で道普請』活動報告&シンポジウムを実施しました!〜紀伊半島大水害被災地復興支援事業〜

「社会貢献預金・すまいる」の災害復興コースの寄付先団体(奈良NPOセンター)が、2014年度「すまいる」の寄付金を活用した「奈良すまいるプロジェクト」の事業として、《野迫川で道普請》と《活動報告&シンポジウム》を取組みました。これらの2つの取組み内容について、連載にてお知らせします。

当金庫奈良地区統括本部・北井本部長のあいさつ

「すまいる」説明と活動報告

2015年1月24日(土)奈良県文化会館にて、「〜奈良すまいるプロジェクト〜 『野迫川村で道普請』活動報告&シンポジウム」を来賓として野迫川村の角谷村長をお招きし、開催しました。会場には、会員労組や生協、NPO、学生など約70名の参加者が集いました。

本シンポジウムでは、2014年10月と12月に実施した『野迫川村で道普請』の活動を振り返り、ボランティア活動と地域復興について話し合い、今後の地域づくりの方向性を探ることを目的とし、現地のNPO法人「結の森倶楽部」津田理事長による基調講演、「社会貢献預金・すまいる」の説明と活動報告(当金庫奈良地区統括部・中西上席専任役)、道普請参加者によるパネルディスカッションを行いました。

2015年1月24日(土)奈良県文化会館にて、「〜奈良すまいるプロジェクト〜 『野迫川村で道普請』活動報告&シンポジウム」を来賓として野迫川村の角谷村長をお招きし、開催しました。会場には、会員労組や生協、NPO、学生など約70名の参加者が集いました。

本シンポジウムでは、2014年10月と12月に実施した『野迫川村で道普請』の活動を振り返り、ボランティア活動と地域復興について話し合い、今後の地域づくりの方向性を探ることを目的とし、現地のNPO法人「結の森倶楽部」津田理事長による基調講演、「社会貢献預金・すまいる」の説明と活動報告(当金庫奈良地区統括部・中西上席専任役)、道普請参加者によるパネルディスカッションを行いました。

《来賓・ご挨拶》野迫川村・角谷 喜一郎 村長

野迫川村・角谷村長

角谷村長より、“奈良すまいるプロジェクト”による「道普請」の取組みに対する篤い謝辞をいただきました。
また、野迫川村の暮らしの様子、自然の素晴らしさ、人口減少(484人・55年前は3千人超の村人口)や災害復興等の課題について触れながら、地場産業育成や観光振興への抱負が語られ、引き続きの支援と観光での来村を呼びかけられました。


《基調講演》講師:津田 晃 理事長(NPO法人 結の森倶楽部)

NPO法人 結の森倶楽部 津田理事長

『過去と現在の野迫川村と道普請・お山の大将奮闘記』をテーマに、野迫川村についての紹介(歴史〜産業・暮らし・熊野古道「野辺路街道」)、“道普請”、産業復興(林業・観光)など、NPO結の森としての活動や今後の展望・期待も含めてのご講演でした。
講演資料「過去と現在の野迫川村と道普請・お山の大将奮闘記


パネルディスカッション

当金庫地域共生推進部・浦田部長がコーディネーターを務め、活発な意見交換が行われました。それぞれのパネラーからは、「道普請」に参加しての感想や各団体で取組まれている社会貢献活動の報告を受け、奈良における地域の課題などについて意見交換を行い、連携や協同で取組んでいくことの必要性を確認するなど、とても有意義なシンポジウムとなりました。

◎パネラー
反田 博俊さん(奈良NPOセンター 理事長)
津田  晃さん(NPO法人結の森倶楽部 理事長)
池田 賢二さん(市民生活協同組合ならコープ CSR組織運営部)
瀧田 政人さん(関西電力労組高田支部 執行委員長)
上田 悠右さん(奈良教育大学 大学生)
◎コーディネーター
浦田 和久(近畿ろうきん地域共生推進部 部長)

パネラー報告資料

「社会貢献プロジェクト・すまいる」の仕組みと活動報告関連

「奈良プロジェクトすまいる」&「道普請活動報告」

「野迫川で道普請」(奈良すまいるプロジェクト) 活動報告&シンポジウム
■主催
NPO法人 奈良NPOセンター、近畿ろうきん奈良地区統括本部、奈良教育大学ボランティアオフィス
■協力
奈良県労福協、全労済奈良県本部、市民生活協同組合ならコープ、野迫川村、NPO法人 結の森倶楽部、野迫川村林業研究会