金融機関コード:2978
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • サービス
  • 近畿ろうきんとは
  • 文字サイズ
新着・イベント情報

協同シンポジウム2016 in わかやま ~将来を担う子どもたちに社会が今できること~ を開催しました。

開会挨拶:古谷常務理事 (和歌山地区統括本部・本部長)

11月5日(土)、わかやま市民生活協同組合E*KAOホール において、4回目となる『協同シンポジウム2016 in わかやま』を開催し、会員労働組合・生協の組合員、労金・生協の職員、行政、NPO等市民団体、 学生など幅広い分野より、登壇者・スタッフを含めて約150名が集い、会場はほぼ満席となりました。 
 今回のシンポジウムでは「子どもの貧困」をテーマとし、その実態やその背景にあるものを考え、現状の取り組み事例を交えながら、その貧困の連鎖を防ぎ、将来を担う子どもたちに社会(私たち)が今できること、それぞれの非営利・協同セクターや行政との連携のあり方を探る内容としました。 

第1部 基調講演 ※講師: 湯浅 誠さん(社会活動家/法政大学教授)

テーマ 「将来を担う子どもたちに社会が今できること」

「今、日本では6人に1人の子どもが『相対的貧困』状態にあり、OECD国の中でもアメリカに次ぎ深刻な状況である。『相対的貧困』は『絶対的貧困』とは違い見えにくいが、放置しておけば、これからの日本社会に大きなダメージを与える問題である。その解決に向けて皆が考え行動を起こさなければならない」と語られました。そして、スライドに映した「高校生アンケート」の声を通して、具体的な「相対的貧困」の実態を示されました。この間、「子ども食堂」をはじめとした取り組みが、全国各地で動き出している状況の紹介がありました。
最後に、私たちができることとして、①住んでいる自治体に子どもの実態調査を尋ねてみる(自治体の対応を促す契機にもなる)、②考えすぎず敷居を低く一歩を踏み出すこと(居るだけ支援、支援先にふらっと立ち寄ってみる、コミュニケーションのきっかけとなる)、③持っている資源を活かす(事業体の場合、事業の専門性を活かしたサポート、部屋の提供やコピー・印刷機の使用などのバックアップ)、の3点が提起されました。

講師資料:高校生アンケート

第2部 パネルディスカッション(労福協 × 生協 × NPO × 行政)

テーマ 「みんなでつくろう! 子どもが健やかに育つ“共生社会”」

コーディネーターは浦田室長(地域共生推進室)が務め、湯浅さんにはコメンテーターとして引き続きご参加いただきました。各パネラーからは、給付型奨学金の制度化に向けた取り組み、「コープくらぶ」による子育て支援、子どもの居場所づくり、行政としての支援策(補助金・給付金)などの活動が紹介され、今後の課題と展望について議論を行いました。


パネリスト

満席の会場

労働団体
小山 正人さん(和歌山県労働者福祉協議会 常務理事)
生 協
髙垣 幸代さん(わかやま市民生活協同組合 理事)
NPO
谷口 知美さん(和歌山大学教育学部准教授、子どもの生活支援ネットワーク こ・はうす代表)
行 政
山本 和秀さん(和歌山県 福祉保健部 福祉保健政策局 こども未来課 課長)

コーディネーター
浦田 和久(近畿労働金庫地域共生推進室 室長)
コメンテーター
湯浅 誠さん
パネラー資料
和歌山県労働者福祉協議会こ・はうすわかやま生民生活協同組合和歌山県

閉会挨拶:琴浦副会長 (和歌山県労働者福祉協議会)

参加者アンケートより

○  とても参考になった。敷居を低く、一歩を踏み出すことの大切さに気付かされた。
○  何か自分にできることを見つけていきたい。
○  どうしたら貧困から抜け出せるのか、様々な団体の方々から聞くことができて良かった。
○  「子どもの貧困」は意識してこなかった。何らかの形で解決できる手助けをしたいと思った。
○  私自身が関わるべき当事者と確認した。参加して本当に良かった。いろんな情報を頂いた。
○  若い労金職員が大勢参加しているのを見て、とても頼もしく思った。世代間で繋がってほしい。
○  今から声掛けからでも、と前向きに思える講演とパネルディスカッションだった。
○  今日のシンポジウムをきっかけに、思っていたことから行動に移していきたいと思っている。
○  自分の知らない活動や成果、制度を知る機会となった。研究活動に生かしていきたい。
○  公的支援を求める運動がほしい。「競争」「自己責任」の社会を変革する運動を進めたい。
○  「他者に心を向けることが、実は豊かな人生になる」ことが伝わると良いかと思います。

共催

近畿労働金庫和歌山地区統括本部、和歌山県生活協同組合連合会

後援

和歌山県、和歌山県社会福祉協議会、和歌山市社会福祉協議会、「広がれ、こども食堂の輪!全国ツアー」実行委員会、一般社団法人共同通信社

企画運営

(特活)わかやまNPOセンター

協力

和歌山県労働者福祉協議会わかやま市民生活協同組合全労済和歌山県本部近畿勤労者互助会