金融機関コード:2978
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • サービス
  • 近畿ろうきんとは
  • 文字サイズ
新着・イベント情報

2017年度近畿ろうきんNPOアワードの受賞団体が決まりました!

近畿ろうきんは、事業と連携したNPO応援のしくみとして、「子育て支援」活動を進めるNPO団体やボランティア団体などに助成する《近畿ろうきんNPOアワード》を実施しております。 本アワードは、ろうきんの融資事業(教育ローン)に合わせたものとして、期間中の新規ご融資額の0.05%(最大250万円) を当金庫が拠出して、地域の「子育て支援」事業に助成しています。

審査委員会の風景

2017年度のNPOアワードでは、近畿一円のNPOなどの市民団体から52件の応募をいただき、2018年4月13日に、審査委員会が開催され、近畿推進会議の福澤議長を審査委員長とし、 学識経験者や協同組合運動の実践者などのメンバーで白熱した審議が行われました。

その結果、「はばたきコース」では、大賞1団体、優秀賞2団体、奨励賞6団体を、そして活動歴が浅い団体や活動規模は小さくても地域のために頑張っている団体を応援するための「はぐくみコース」からは、はぐくみ賞3団体を、計12団体を選定し、第257回理事会で確認されました。

【はばたきコース】

団 体 名 受賞となった事業プランの内容
《 大 賞・1団体 》 ※ 助成金50万円

特定非営利活動法人
ダウン症ファミリー総合支援めばえ21

(大 阪)

医療や食のプロ、地域や生産家の力を借りながら「ダウン症の子どものための食育」企画を月ごとに実施する。
《 優秀賞・2団体 》 ※ 助成金30万円

特定非営利活動法人
しぶたね

(大 阪)

病児や障がい児きょうだいの生きづらさを変えるため、「シブリングデー」(4月10日)にあわせた啓発コースターの配布等を行う。

びわこ☆1・2・3キャンプ
実行委員会

(滋 賀)

放射能汚染のない環境での心身解放、無農薬の食材による免疫力向上、共同生活による自主自立を目的に保養キャンプを実施する。
《 奨励賞・5団体 》 ※助成金20万円

特定非営利活動法人
アサヒキャンプ

 (大 阪)

貧困家庭の子どもたちの野外キャンプ活動への招待を通して、貧困の連鎖からの脱出のきっかけとするプログラムを実施する。

特定非営利活動法人
ころん

(和歌山)

重度心身障がい児や発達障がい児の工作教室と安心して遊べる場所を設置し、保護者同士も気軽に相談できる居場所を提供する。

特定非営利活動法人
JAE

(大 阪)

 子どもが自己肯定感や生きる力を高めるため、家庭・学校以外の大人と出会う「お仕事せんせいプロジェクト」を実施する。

箱の浦自治会まちづくり協議会

(大 阪)

 子どもの元気な声が響く地域をつくるため、「子どもサロン」を開設して、不登校やいじめなどの課題の把握と解決に取り組む。
 特定非営利活動法人
北摂こども文化協会

(大 阪)

 家庭と学校(職場)以外の居場所づくりを通して、大自然に触れ、人とのかかわりにホッとする社会をめざすプログラムを実施する。
  《 奨励賞・1団体 》 ※ 助成金10万円

 特定非営利活動法人
市民活動サークルえん

(奈 良)

 発達障がいや不登校などしんどさを抱える中高生へ、自己達成感を育むため、ボランティアなどのプログラムを実施する。

【はぐくみコース】

《 はぐくみ賞・3団体》 ※ 助成金10万円

外国人女性の会パルヨン

(京 都)

京都地域で暮らす外国人女性の子育てや日常生活を支援するため、多言語に対応できるピアカウンセラー養成を行う。

スマイルプレイス
(for every child & parent)

(京 都)

穏やかな家庭・社会の構築や孤立した子育ての解消を目的に、「親子サロン」や「ひろば」、「前向き子育てプログラム」等を実施する。

みんなで減災し隊

(兵 庫)

子どもたちを災害から守るため、楽しみながら災害への備えを学べるよう、防災・減災の体験・学習を実施する。

(50音順)

受賞団体について、詳しくはこちらをご覧ください 2017年度受賞団体