金融機関コード:2978
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • サービス
  • 近畿ろうきんとは
  • 文字サイズ
新着・イベント情報

2月の「社会貢献預金・すまいる」寄付金事業のご報告 (わかやまNPOセンター・奈良NPOセンター)

《和歌山プロジェクト・すまいる》

  • 防災講座「気象予報士が伝えたい南紀の防災の話」
  • すさみ町・串本町・古座川町に防災備品を寄贈!

 和歌山地区では、2月21日(木)、2018年度の「社会貢献預金・すまいる」の寄付金事業として、寄付先団体のわかやまNPOセンターと連携し、「防災講座」(於:串本町文化センター)を実施しました。また、当金庫の小林本部長(和歌山地区本部)は、次なる災害の備えとして、南海トラフト巨大地震の被害の影響が大きいと想定される南紀の3つの自治体を訪問し、「災害時に備える教材と備蓄品」を寄贈しました。寄贈品については、各町のニーズを聞き取り選定したものです。

【ご報告】「すまいる寄付金事業」(わかやまNPOセンター)

《奈良プロジェクト・すまいる》

  • 「道普請プロジェクト・総括会議」

 2012年10月よりスタートした「社会貢献預金・すまいる」は2018年3月で取扱いを終了しましたが、その寄付金を活用した「道普請プロジェクト」は、2018年度まで実施されました。これまで、道普請の参加は356名、シンポジウムを含めると、のべ706名が取組みに関わり、大きな役割を果たすことができました。

 2月27日(水)、はぐくみセンター(奈良市)にて、標記の総括会議を開催し、これまでの活動を振り返りながら、今後の連携活動を協議しました。総括会議には、本プロジェクトに協力・実施してきた、奈良NPOセンター・奈良県労福協・全労済奈良推進本部・ならコープよりそれぞれご出席いただき、当金庫からは奈良地区本部・地域共生推進室が参加しました。

【ご報告】「道普請プロジェクト・総括会議」開催!(奈良NPOセンター)