金融機関コード:2978
  • ためる・ふやす
  • かりる
  • サービス
  • 近畿ろうきんとは
  • 文字サイズ
新着・イベント情報

2018年度近畿ろうきんNPOアワードの受賞団体が決まりました!

近畿ろうきんは、事業と連携したNPO応援のしくみとして、「子育て支援」活動を進めるNPO団体やボランティア団体などに助成する《近畿ろうきんNPOアワード》を実施しております。本アワードは、ろうきんの融資事業(教育ローン)に合わせたものとして、期間中の新規ご融資額の0.05%(最大250万円)を当金庫が拠出して、地域の「子育て支援」事業に助成しています。

審査委員会の風景

2018年度のNPOアワードでは、近畿一円のNPOなどの市民団体から48件の応募をいただき、2019年4月4日に、審査委員会が開催され、近畿推進会議の福澤議長を審査委員長とし、学識経験者や協同組合運動の実践者などのメンバーで白熱した審議が行われました。

その結果、「はばたきコース」では、大賞1団体、優秀賞2団体、奨励賞5団体を、そして活動歴が浅い団体や活動規模は小さくても地域のために頑張っている団体を応援するための「はぐくみコース」からは、はぐくみ賞4団体を、計12団体を選定し、第270回理事会で確認されました。

【はばたきコース】

団 体 名 受賞となった事業プランの内容
《 大 賞・1団体 》 ※ 助成金50万円
認定特定非営利活動法人
D×P(大 阪)
定時制高校の中で食事提供を兼ねた居場所の提供等、高校生に寄り添ったプログラムを複合的に実施する。
《 優秀賞・2団体 》 ※ 助成金30万円
特定非営利活動法人
ここからKit(大 阪)
未就学児がいる家庭に研修を受けたボランティアを派遣し、個別課題にきめ細かいケアを行う伴走型の支援プログラム。
特定非営利活動法人
ホザナ・ハウス(兵 庫)
「生きづらさ」を抱える子どもたちの中でも、犯罪被害や事件に巻き込まれやすい少女に特化したシェルター事業を実施する。
《 奨励賞・5団体 》 ※助成金20万円
特定非営利活動法人
おおさかこども多文化センター(大 阪)
日本の学校に通う外国にルーツを持つ子どもたちに、母語の絵本を楽しめる場を提供する事業。
ぐっすりねんねこ
(兵 庫)
子どもの睡眠障がい・慢性疲労症候群による不登校の問題に着目し、その改善を行うプログラム。
特定非営利活動法人
tadaima(京 都)
現在育休を取得したいという男性に、安心して育休を取得できるようにサポートするプログラム。
チャイルドラインすいた
(大 阪)
青少年の自殺対策をテーマに、専門の講師を招き、「子どもの声を聴けるおとな」養成講座を実施する。
南大阪子育て支援ネットワーク
(大 阪)
子育て中の世代に「共同子育て」を啓発し、誰もが子育てしながらくらしやすい社会の実現を目的としたプログラム。

【はぐくみコース】

《 はぐくみ賞・4団体》 ※ 助成金10万円
特定非営利活動法人
おーえんくらぶ(兵 庫)
夏休み、冬休み、春休み中に地域の子どもたちが気軽に来られて、安心して過ごせる居場所を提供するプログラム。
特定非営利活動法人
そいる(兵 庫)
発達の気になる子どもや障がいを持った子どもへの専門的な支援や相談ができる場所の提供と学習会を実施する。
とらいさぽーと
(大 阪)
発達障がいのある子どもを対象にした、社会に出る前のトレーニングを行う伴走型サポートを実施する。
ママコミュ!ドットコム
(大 阪)
子どもたちに実践的な防災の視点とスキルを身につけさせることを通し、地域コミュニティの質の向上を目指したプログラム。

(50音順)

受賞団体について、詳しくはこちらをご覧ください 2018年度受賞団体