「近畿ろうきんNPOパートナーシップ制度」(以下「本制度」)は、近畿2府4県のNPO支援センターとの協働により、「近畿ろうきん利用者」と「地域のNPO」をボランティア支援を通してつなぐことで、地域貢献をめざす制度として、2000年度からスタートしました。

2011年度以降は、東日本大震災を受けて、本制度を被災地支援・防災・減災のプログラムに変更し、2018年度からは「社会的弱者の居場所づくりへの支援活動」、2020年度からは「新型コロナウイルス感染拡大に対するNPOへの支援活動」を主なテーマとしました。

現在、NPO等の市民活動は、コロナ禍のなか、オンラインの活用や感染対策など社会環境の変化への対応を進めるとともに、困難な状況になっている人への支援活動を進めています。
そこで、2021年度は「コロナ禍の課題に対応するNPOへの支援活動」を主なテーマとし、SDGsのスローガンである「誰一人取り残さない」社会づくりに向けて取組みを進めます。
また、「居場所づくりへの支援活動」や「防災・減災の取組み」も継続して行います。

NPOパートナーシップ制度 実施概要

2021年度実施概要

これまでの取組み

2020年度の取組み詳細