近畿ろうきんは、「人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与する」と定めた「ろうきんの理念」を具体的に進めるために、地域社会との共生をめざした幅広い取組みを進めています。

社会貢献預金(笑顔プラス)

近畿ろうきんの社会貢献預金(笑顔プラス)は、社会に笑顔を増やす定期預金です。

社会的事業融資(NPO融資)

近畿ろうきんでは、特定非営利活動法人(NPO法人)や社会福祉法人等に対し、運転資金や設備資金などのニーズにお応えいたします。

NPOアワード(助成制度)

近畿ろうきんでは、子育て支援活動を進めるNPO法人やボランティア団体に助成する「NPOアワード」を実施しております。

NPOパートナーシップ制度

近畿ろうきんでは、「会員組合員を中心とした近畿ろうきんの利用者」と「近畿2府4県で活動を行うNPO」をつなぐことで、地域への貢献をめざす「NPOパートナーシップ制度」を実施しております。

エイブル・アート

近畿ろうきんでは、地域のNPOとともに、エイブル・アートに関する取組みを展開しております。

ピンクリボン運動

近畿ろうきんでは、ピンクリボン運動を応援しております。

近畿ろうきんATM、セブン銀行ATMで近畿ろうきんカードをご利用いただくと現金によるお引出し・お預入れ1回につき0.5円を近畿ろうきんが負担し、公益財団法人 日本対がん協会「ほほえみ基金」に寄付いたします。

近畿ろうきんATM セブン銀行ATM で お引き出し お預入れ ピンクリボン運動

これまでの実績に対する寄付金額(2013年4月1日~2020年3月31日)

33,007,686円

みなさまのご協力ありがとうございます

ピンクリボン運動とは

ピンクリボン運動は、乳がんの正しい知識を広め、早期発見・早期治療の大切さを啓発する世界的な運動で、日本においても多くの団体が運動に参加しています。

営業店での活動

近畿ろうきんでは、地域の皆さまとの交流を大切に、営業店を通じた取組みを行っております。

神戸支店

阪神・淡路大震災25年を契機に、被災時や復旧・復興の経験を次世代につなぐ店推進委員会の取組みとして、ろうきん担当者・書記研修会で「あしなが育英会による講演会」を実施しました。
また、同研修会にて、阪神・淡路大震災以降の当金庫の被災者支援の取組みの説明を行いました。

明石支店

店推進委員会で「ゆめ風基金」による講演会を実施し、被災障がい者の状況と支援募金活動の意義を確認しました。また、2019年台風15号・19号被災障がい者支援募金では、店周でのチラシ配布や連合明石の会議で取り組み要請を行い、のべ28会員の募金協力をいただきました。

西宮支店

中学生が職場体験をとおして働くことの意義や楽しさを実感し、自分の生き方を考えるきっかけとなる兵庫県の「トライやる・ウィーク事業」に賛同し、2日間、中学生2名の職場体験の受け入れを行いました。
支店職員が講師となり、金庫の事業内容の説明、会員訪問への帯同、模擬紙幣を使った札勘練習等を実施しました。

2019年台風15号・19号 復興支援の取組み

近畿ろうきんでは、2019年に発災した台風15号・19号の復興支援に向けた取組みを行いました。

2019年台風15号・19号 被災障がい者支援募金(※終了しています)

とりわけ被災された障がい者の生活再建や、障がい者事業所の再建には一層の支援が必要となることから、2019年12月から2020年3月までの期間で「2019年台風15号・19号 被災障がい者支援募金」に取り組みました。

2019年台風15号・19号 被災障がい者支援募金詳細

<募金総額>
〇 1,980,585円

2019年台風15号・19号 被災障がい者支援募金」ご報告(ゆめ風基金作成)
「お礼状」(ゆめ風基金作成)

東日本大震災 復興支援の取組み

近畿ろうきんでは、2011年3月11日に発災した東日本大震災の復興支援に向けて、会員とともに、そして社会とともに、さまざまな取組みを展開してまいりました。

東日本大震災 復興支援定期預金「サポートV」(※販売は終了しています)

震災以降、2011年6月1日から2012年3月30日までの期間限定で取り組んだ復興支援定期「サポートV」は、被災地の震災遺児支援を行っている「あしなが育英会」と、被災障がい者の支援を行っている「ゆめ風基金」へ、当金庫から10年間にわたって寄付を行う社会貢献預金です。

2021年3月末の残高は24億7,340万円となり、10回目の寄付額は750万円となり、10年間の寄付総額は1億5,580万円となりました。

「サポートV」による10年間のご支援、ありがとうございました。心より感謝申し上げます。

<2020年度の寄付金(10回目)>
以下のとおり、それぞれの団体さまにお渡しいたしました。
それに対し団体さまより心温まるお礼のメッセージを頂戴しています。

〇 あしなが育英会 さまへ  375万円
〇 ゆめ風基金 さまへ    375万円

あしなが育英会さまからのお礼状
ゆめ風基金さまからのお礼状

役職員による震災遺児等への支援「スマイル500」

近畿ろうきんでは、阪神・淡路大震災での震災遺児のために、神戸に建設されたケアハウス「レインボーハウス(虹の家)」の支援に取り組んでいます。

希望する役職員の給与から毎月500円を控除し、レインボーハウスに届ける活動で、2019年度は6,251,500円の支援を行い、「神戸レインボーハウスへの寄付」と「あしなが東日本大震災遺児支援募金」として活用されました。

ろうきんCSR広場 ろうきん社会貢献活動のご紹介