〈ろうきん〉は、勤労者が互いを助け合うためにつくった非営利の協同組織金融機関であり、日本で唯一の勤労者のための福祉金融機関です。 1950年に最初の〈ろうきん〉が設立されて以来、常に一貫して、金融商品・サービスの提供を通じた、勤労者の経済的地位の向上に努めてきました。

〈ろうきん〉は、根拠法である『労働金庫法』において、「非営利」「直接奉仕」「会員平等」という、事業運営についての原則が定められています。 全国の〈ろうきん〉は、これら原則に基づき、これまでもお客さま本位の事業運営を実践してきました。〈ろうきん〉にとって、お客さまである勤労者一人ひとりの生涯にわたり、 お客さまの立場に立った、良質な商品・サービスを提供していくのは本来的な役割であり、存在意義であるといえます。

近畿労働金庫は、今般、『お客さま本位の業務運営に関する取組み方針』を策定・公表するにあたり、これまで取り組んできた 勤労者本位の事業運営の精神・活動をふまえ、変化する時代の要請に応えるべく、更なる取組みを進めていきます。 「ろうきんの理念」のもと、以下の取組み方針に基づく活動を実践し、勤労者のくらしを守り、より豊かにする運動を展開していきます。

[ろうきんの理念]

  • ろうきんは、働く人の夢と共感を創造する協同組織の福祉金融機関です。
  • ろうきんは、会員が行う経済・福祉・環境および文化にかかわる活動を促進し、人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与することを目的とします。
  • ろうきんは、働く人の団体、広く市民の参加による団体を会員とし、そのネットワークによって成り立っています。
  • 会員は、平等の立場でろうきんの運営に参画し、運動と事業の発展に努めます。
  • ろうきんは、誠実・公正および公開を旨とし、健全経営に徹して会員の信頼に応えます。

(1997年5月16日 全国労働金庫協会理事会)

1.『お客さま本位の業務運営に関する取組み方針』の策定・公表

  • 近畿労働金庫(以下、当金庫)はお客さま本位の業務運営の強化に向けて、金融庁が2017年3月に公表した 「顧客本位の業務運営に関する原則」をすべて採択し、「お客さま本位の業務運営に関する取組み方針」(以下、本方針)を策定します。
  • 本方針および本方針に係る取組み状況は、ディスクロージャー誌、ホームページに掲載し公表します。
  • 本方針は毎年見直しのうえ、必要があれば改正します。

2.お客さまの生活を生涯にわたってサポートしていくことを第一に考えた取組み

  • 当金庫は、「ろうきんの理念」のもと、全ての事業活動において、法令やルールを厳格に遵守し、 社会的規範を尊重するとともに、お客さまの生活を生涯にわたってサポートしていくことを第一に考えた、 誠実、丁寧かつ公正な業務運営を行います。
  • お客さまが最善の利益を得られるよう、お客さま一人ひとりのライフプランとニーズを踏まえた適切なアドバイスと、 良質な金融サービスを提供する取組みを行っていきます。

3.利益相反を適切に管理する取組み

  • 当金庫は、お客さまの利益が不当に害されることがないよう、利益相反のおそれがある取引を特定し管理するための 「利益相反管理方針」を定めています。当該方針に基づき、利益相反について一元的に対応する体制を整備するなど、 お客さまの保護と正当な利益確保に努めるための適切な管理を行っています。
  • 投資信託等の一定のリスクを伴う商品のラインナップについては、業態の中央金融機関である労働金庫連合会において、 販売する商品の基本的な利益(リターン)、損失その他のリスク、取引条件、選定理由、手数料水準等が適切なものであることを 確認しています。そのうえで当金庫において、多様な顧客ニーズに応えるために、貯蓄型、投資型、積極投資型などに配慮し、 バランスを重視した商品を選定しています。

4.手数料等に係る情報提供の取組み

  • 当金庫は、お客さまにご負担いただく手数料等について、商品・サービスごとにわかりやすい表示を行っていきます。
  • 投資信託に係る手数料については、パンフレット・ホームページ等にファンド一覧を掲載し、商品間での比較が 簡単にできるよう一覧表にするなど、お客さまにわかりやすい開示を行います。

5.お客さまの立場に立ったわかりやすい情報提供の取組み

  • 当金庫は、お客さまの金融商品の取引経験や金融知識を把握のうえ、販売・推奨等を行う金融商品・サービスの商品性や リスクについて、わかりやすく丁寧な情報提供を行います。
  • ろうきん業態として、確定拠出年金(DC)について、企業型DC加入者向けの「ろうきんの企業年金に係る役割発揮宣言」 サイトや、個人型DCについての「ろうきんのiDeCo」スペシャルサイトにおいて、投資の考え方や商品の選択、 金融商品のリスクとリターンなどについて詳しく説明しています。
  • 当金庫が取り扱う投資信託については、ホームページ等でファンド情報、フリーダイヤルや店頭窓口等で当該商品の メリット、リスク、手数料等についてご案内しています。なお、パッケージ商品に該当するファンドオブファンズ(注)形式の商品がありますが、当商品については個別のファンドごとの購入には対応しておりません。

(注)ファンドオブファンズとは、「投資信託に投資する投資信託」で、複数の投資信託(ファンド)を適切に組み合わせて、 一つの投資信託(ファンド)にまとめたものをいいます。

6.お客さま一人ひとりに合った最適なサービス提供の取組み

  • 当金庫は、お客さま一人ひとりの健全な生活設計の支援に向け、中長期的な視点での資産形成に向けたアドバイスや、 子育てや教育、マイホームなどライフステージにおけるあらゆる資金ニーズに良質な商品で応えていきます。 また、多様化するお客さまの金融ニーズに的確に応えるべく、既存商品・サービスの見直しや商品開発を行っていきます。
  • 当金庫は、お客さま一人ひとりの資産状況や、金融商品の取引経験、商品知識や取引目的、ニーズ等を把握のうえ、 お客さまに最適な商品・サービスを提供します。また、投資信託の販売にあたっては、お客さまの投資目的、投資経験、 資産状況等を確認させていただいたうえで、お客さま一人ひとりに合った、適切な説明・提案を誠実に行います。
  • 当金庫は、お客さまへの適正な金融商品の勧誘を行うための「金融商品に関する勧誘方針」、共済・保険商品の適正な 募集をするための「共済募集方針」「保険募集方針」等を定めています。これらの方針は、ホームページ等に掲載し、 公表しています。

7.「ろうきんの理念」の職員への定着と実践に向けた取組み

  • ろうきん業態では、「ろうきんの理念」を掲げ、常にお客さまである勤労者の生活向上への貢献を第一に考えた運営を 行っています。「ろうきんの理念」の職員への定着とその実践に向け、業態の中央機関である全国労働金庫協会において 「理念研修」を実施しており、全国のろうきん職員が参加しています。当金庫においても、〈ろうきん〉ならではの 存在意義と役割発揮に係る研修等を人材教育体系の中で実施しています。
  • 職員の人事制度には、お客さまの生活向上に資する活動の実践を考慮する項目を設定しています。